Facebook Twitter
buyatsell.com

ハンドヘルド金属探知機 -- 健康への脅威の可能性?

投稿日: 5月 7, 2024、投稿者: Sergio Medoff

一般に、金属探知機は空港、裁判所、矯正施設などで見られます。 実際、アメリカ人はすでに不吉な金属探知機を介して散歩を免れていません。 そして、セキュリティ担当者が体の上にハンドヘルドの金属探知器を振ったので、数人のアメリカ人がすでに翼を広げるように求められています。 | - |

非常に多くのアメリカ人が金属探知機に触れるため、一部のアメリカ人は定期的に、彼らに関連する健康の脅威を実現することが非常に重要です。 | - |

非常に多くの金属探知機の使用が高いため、1つの特定のグループが危険にさらされる可能性があります。 彼らは、埋め込み可能な心臓除細動器、心臓ペースメーカー、脊髄刺激装置、人工呼吸器、薬物注入ポンプなど、個人の医療用ガジェット(PMED)を持っている人々です。 | - |

これは、金属の検出器を介して歩いたり、体に覆われたハンドヘルド金属探知機を含めたりすると、心臓のペースメーカーを持つ人が深刻なリスクに達することを必ずしも意味しません。 このタイプの大胆な声明を真実として完全に受け入れる前に、より多くのテストを行う必要があります。 むしろ、使用されている磁場のため、潜在的なリスクに精通することは非常に重要です。 より高い電圧は、誘導電圧が低いよりも損傷を引き起こすことを忘れないでください。 | - |

添加的には、磁場との接触が生細胞の生物学的変化を引き起こす可能性があるという懸念があります。 | - |

また、高電圧との物理的なつながりを持つことは危険です。 適切に囲まれた金属探知機は脅威をもたらさないが、それでもすべての金属探知機を適切に維持することが重要である。 | - |

ただし、一般的に、金属探知機は安全性を促進します。 空港、裁判所、矯正施設などの場所から他の潜在的な武器と一緒に銃やナイフを維持することにより、多くの危険な状況がすでに排除されています。 矯正施設では、ハンドヘルドの金属探知機は、武器としてだけでなく、ロックなどを選択するために使用される可能性のあるペーパークリップのような小さな金属ビットを検出する場合があります。|

金属検出器のもう1つの興味深い使用法は、飲み込みされた金属物体を検出することです。 それらは、子供がソーダ缶からのプルタブやおそらくコインなどの金属物体を飲み込んだ前に、前に見つかります。 | - |

全体として、金属探知機は確かに社会にとって利益です。 ただし、PMEDSを持つ人へのチャンスを減らすためには、テストを実施する必要があります - 金属検出器を改善する必要があるか、PMEDS(またはその両方であるか、またはどちらでもないか)は、明らかに近い将来に残されています。 | - |